Archive for青汁三昧のケール

青汁三昧のケール

青汁三昧に含まれる三大原料の一つケールは、青汁三昧以外にも色々な青汁に使われているベースとなる野菜です。

日本ではハゴロモカンランと呼ばれるアブラナ科の野菜で、キャベツのもととなる植物であるとも言われます。

しかし、青汁三昧の原料の1つケールには、ビタミンAやビタミンCが豊富に含まれています。

このため、八百屋やスーパーで取り扱っているのを見ることはあまりありません。

また、ビタミン含有量が豊富な緑黄色野菜の一つでもあります。

青汁三昧を飲めば、普段は不足しがちな栄養素を補給することができます。

このため、体の免疫力を高めるのにも有効な役割を果たします。

ケールを育てている雲南省の畑は、天然の湧き水やミネラル豊富な土壌に恵まれているため、青汁三昧に使われているケールは美味しいものです。

青汁三昧の原料であるケールは、江戸時代に地中海地方から初めて日本にやってきたもので、明治時代にいくつかの品種が導入されました。

Comments off